キラッと輝きを放つ愛の象徴|失敗しない婚約指輪の選び方

男女

一大決心して購入する

カップル

プロポーズを決めたら

結婚を考えている方は、プロポーズに婚約指輪、結婚式やパーティ・そして結婚指輪。新居に家具・家電と準備や計画に大忙しかと思います。そして少なからず、費用もかかります。そこで、ちょっと節約をするなら婚約指輪は無しで結婚指輪だけでいいか、と考えてはいませんか。もちろん結婚後の生活もとても大事ではありますが、一生に一度の事ですからお互いに悔いのない、素晴らしい時にしたいものです。そのため、まずは婚約指輪と結婚指輪の違い方や用途について覚えておきましょう。まずは婚約の意味。これはお互いに一緒になるという想いを確認し、結婚の約束をする事です。ですから婚約指輪はその約束を証明するものなのですね。そして結婚指輪は、夫婦になった証です。一生を共に歩む誓いを込めたものになります。

大切な想いを形に

結婚は法的にも手続きをして形にしますが、婚約は言わば口だけの約束です。でも、一生を誓った約束です。また、婚約期間は一生の中でもかなり短い期間なので、その時期を思い出に残す意味でも重要だといえるでしょう。昔から「給料の3カ月分」とは言いますが、そんなに高価なものでなくて充分です。ダイヤモンドが主流のようになっていますがもちろん、それでなくて構いません。パールや誕生石、彼女の好きな石でもいいですね。ただし、結婚後の生活設計まで固めている女性は、婚約指輪に関する出費に難色を示す場合があります。そのため、まずは婚約前のタイミングに、婚約指輪について効いておくのがベストです。